HOME > ブログ > 旧規格車種へのラクホロの取り付けについて

旧規格車種へのラクホロの取り付けについて

ラクホロ(ラクホロミニ)は旧型車種も含めて、

非常に多くの車種に取り付けできるのが特徴です。

 

しかしながら、軽トラックの規格は年代によって変化しており、
新規格と旧規格では基準となる車両の寸法が異なります。

 

1955年~1975年 車幅1.30m 全長3.0m(排気量360cc)
1976年~1989年 車幅1.40m 全長3.2m(排気量550cc)
1990年~1998年 車幅1.40m 全長3.3m(旧規格)
1998年10月~   車幅1.48m 全長3.4m(新規格)

 

気になって来るのは、新規格と旧規格で全長が10cm違うという点です。
ラクホロのシートを旧規格の車種に取り付けた場合、シートのかぶりが10cmも
変わってしまわないか心配される方もいるかと思います。

 

実際に車の全長では10cmの差があるのですが結果としては
それがそのまま荷台の長さの差になっている訳ではない様です。
(新規格ではキャビンも広くなり、荷台も広くなったということです。)

 

新規格と旧規格の車にラクホロを取り付けた写真が残っていたのでご覧下さい。

(シートは同じ寸法で製作されています。)
ENIMAGE1396658509463

この写真では奥の標準カラーのシートがかかっているのが旧規格車(1992年製ハイゼット)、

手前のオレンジ色のシートの方が新規格車です(2008年製ハイゼット)。

 

ENIMAGE1396658563738

アオリにシートがかぶる量は若干増えてきますが

使用に際してはゴムの調整で十分対応が可能だと思われます。

 

ただし、排気量が550cc以下の車種にお乗りの方に関しては

シートの寸法を変更して対応する必要があるかもしれません。

ご購入の際には一度お問い合わせ下さい。

「ブログ」の他の投稿