HOME > ブログ > 注目の記事 > 低温下でのガススプリングの反力

低温下でのガススプリングの反力

軽トラ用楽らくオープン幌「ラクホロウイング」は側面開放式の軽トラック用幌です。

大型のウイング車は油圧ダンパーやスプリングの力を使ってウイングを開閉しますが、

ラクホロウイングではガスダンパー(ガススプリング)を採用しています。

 

ウイング ガスダンパー

 

開発の際には取り付け位置を何度も修正して試作を繰り返し

スムーズに開閉できるように調整しました。

 

しかしながら、ガスダンパーの反力は気温によって変化するという

特徴があり暑い時と寒い時では開閉力にどうしても差が出てしまいます。

現時点では氷点下の気温での使用におけるデータが収集出来ていない部分があり

どの程度までの気温で使用が可能であるか不透明な部分もあります。

低温下での使用に関してはその点をご理解頂けると幸いです。

 

また、長期間の使用でダンパーの反力が低下する事も考えられますが

こちらに関しては、ダンパー単品での交換にて対応させて頂きます。

 

ダンパーだけでなく、パーツ単体で販売できるものには対応して参りますので

お気軽にお問合せ下さい。

 

「注目の記事」の他の投稿