HOME > 開発方針 > ラクホロのシートについて

 シートの豆知識

ラクホロのシートについて

ラクホロに使われているトラックシートってどんなものなの?
丈夫なものを使っているの?そんな疑問をお持ちの方も多いと思います。
そこでこのコーナーでは、一般的に売られているトラックシートの話も
交えながらラクホロのシートについてご紹介させて頂きます。


量販店のトラックシート・・

ホームセンターなどでよく見かけるトラックシートってかなり安いですよね。
ああいった商品はやはり全国の販売店に大量に納品しているため、
価格が安くできるというメリットがあります。
しかし、それだけの理由でそこまで安いのかと言うと必ずしもそうではありません。
トラックシートとひとくくりに言っても素材に違いがあるんです。
一般的にトラックシートに使われている素材には「ターポリン」と
「エステル帆布」という2種類の生地が使われています。


ターポリンとエステル帆布の違いって?

ここでこの2つの素材について比較してみましょう。

安価でカラーバリエーション豊富なターポリン

ターポリンの最大の特徴はエステル帆布に比べて安価であること。
そして、軽量で様々なカラーのシートが選べるのが特徴です。
しかし、ターポリンには弱点があり、それはこすれなどの繰り返しかかる力に対しては耐久性が低く、
繊維が剥離し易いという点です。
これはトラックシートにおいては宿命とも言えるシートのバタつきに弱い事を意味します。
つまり、ターポリンはバタつきの少ないシーンでの用途には適していますが、
トラックシートとしては長年の使用には耐えられないと言えるでしょう。
さらに専門的な話をすると、ターポリンはフィラメント糸(長繊維糸)を
使用しラミネート加工(図参照)によって作られています。
ラミネート加工では表面がきれいに仕上がるのも特徴の一つです。

ラクホロの標準シートにも採用!
トラックシートとしての使用に耐えうるエステル帆布

それに対しエステル帆布は材質はターポリンと同じポリエステルですがスパン糸(短繊維糸)を使用し、ディッピング加工を施しているので繊維内部まで樹脂を含浸することが可能となり防水性・耐摩耗性に優れているため、
トラック特有の振動やこすれにも強くメーカーの純正シートにも採用されています。
ターポリンと違い、ディッピング加工では表面がざらざらしているため、汚れが落ちにくいのと
カラーバリエーションが少ないのが欠点であると言えます。
また同じエステル帆布でも号数によって厚みが異なり7号、6号、5号と番号が減るごとに
生地が厚くなり、耐久性も上がりますが、その分価格も高くなります。
(※実際には流通量の関係から7号よりも6号の方が安価になっているのが現状です。)
一般的には号数まで記載してくれている商品は少なく、問い合わせてみないと
分からないケースが殆どでしょうが、逆に号数の記載がある業者はそれなりに
信頼できる業者であると言えるかも知れません。ちなみにラクホロの標準シートには
軽さと耐久性のバランスを考え、軽トラック用のシートとしては一般的な6号を採用しております。
5号、4号は大型のトラックなどに採用されることもありますが、この号数のシートを使っている場合は
耐久性としてはかなり信頼できるものであると言えます。

ディッピング

ターポリンよりさらに安価なシートも・・・

ちなみに、メーカーによって商品名、表記は異なりますがネット通販などでは
材質にポリエチレン(PE)を使っているシートを使用した幌も見受けられます。
ポリエチレン製のシートというのは簡単に言うとお花見などで大活躍するブルーシートと
同じ素材を使用して作られたものです。価格はターポリンよりもさらに安くなりますが、
耐久性も著しく低下します。そういった意味で安価に手に入る幌かもしれませんが、
あっという間に破れてしまう事も考えられるため、ポリエチレン製のシートはお勧めできません。
このようにシートには他にも様々な種類のものがありますが、
商品によって適材適所。用途に合ったものが選ばれています。


○カラーが選べるオプションシートにはフラット帆布を採用!

当サイトにてオプションで選べるカラーを選択した場合にはフラット帆布と呼ばれる種類の生地を採用しています。フラット帆布はエステル帆布に表面処理を加えザラザラとしている表面をツルツルに加工したものです。耐久性はエステル帆布そのままに、表面処理によって汚れを付きにくくする効果ももたらします。
まさに、デザイン性を重視する方にはもってこいの素材ですが、今回比較した中では価格も一番高くシートの中では高級品と言えるでしょう。

フラット帆布という言葉は一般的に聞くことは少なく、実際には製造しているメーカーの 商品名を聞く事もあるかもしれません。帝人であれば「ハリケーン」、東レであれば「5MR」といった商品名です。ラクホロのフラット帆布には 平岡織染 の「ウルトラマックス」という生地を使用しています。耐久性に優れ、防炎処理、防汚処理も施された高品質の素材です。各カラーによって透光率は異なるものの、耐久性については殆ど違いはありません。

ラクホロではお客様に安心してご使用頂くため、シートの素材や品質にこだわるだけでなく、耐久性も考慮しながらシートの加工、縫製を行っており、破れやすい形状などには極力ならないように配慮しています。これも、これまでトラックシートの製造に携わって来た職人の経験が生かされている所であります。そんなこだわりを持って作られたシートを実際にご使用頂き、その品質を実感して頂けたら幸いです。

平岡とウルトラマックスロゴなど